2014年10月15日

キングオブコント2014 感想


録画してあったキングオブコント2014を観た。

ネットの評判があまりよくなさそうだったので
特に期待はしていなかった。

私はコントを観るのが好きだ。

好みとしては偏っているので
シティーボーイズのような
頭の良さそうな人たちが
頭のいいふりをして
バカな事をやっているやつが好きだ。

 
特にBOX3巻収録の「真空報告官大運動会」が好き。
初めて観た時は衝撃だった。

二人組が舞台の真ん中に立つか座るかして
設定の中で会話をするだけのコントは、好きではない。
今回だと、巨匠とか。
でも、巨匠のコントの感じは好きじゃないけど面白いなと思った。

他には
ラバーガールのコントはなんとなくバカルディっぽいな、とか
浜ちゃんの顔面がみのもんた寄りになってきてしまったし、
hamada.gif
ダウンタウンも大変だな、と、

感じたのはそのぐらいか。

ぼんやり観てると、つまんないとも思わないし
面白いとも思わないので
もったいないものだな。

概ね、ネットの評判通りの感想を抱きましたが
個人的には甲高い声の耳障りなツッコミはあまりコント的じゃないし、テレビ観てて不快になるので
ラブレターズのコントにはがっかりした。うるさい。
シティーボーイズの事務所所属で、
バナナマンに憧れていると言っていたのに
こういうコントなのね。残念だ。

おわり。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by uranawanaii at 16:41 | Comment(0) | 日記・備忘録・覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。