2014年10月10日

彼女がスマホを壊したら〜復元〜


1412693718692.jpg

バンドをやっていた頃、
ボーカル担当の男が嫉妬深い彼女に携帯電話(ガラケー)を半年に一回ぐらい折られていたが
スマートフォンが主流になったここ最近では「携帯を折る彼女」はいい加減絶滅したんだろかなぁ、と
ぼんやり考えながら、さっきまでパスタ屋さんにいた。

携帯電話を折り曲げる、というのはストレート型の携帯でも可能だが、
主に折りたたみ式の携帯で行われる。
クラウドストレージの無かった頃はSDカードかPCにバックアップを取るぐらいしか後に復元できる術は無かったので、
折られて水没させられたら元カノや浮気相手やあわよくばただならぬ関係が持てるかもという女の子の連絡先も
基本的に跡形もなく消えていただろう。

今では、ドコモのスマホならSDカードにバックアップしておく他にも
ドコモIDとパスワードを設定して電話帳のクラウドをオンにしておくことで、
「キーッ」となった彼女に完全に破壊されたとしても
回線契約さえ生きていれば電話帳は復元できる。
ドコモのクラウドを利用しなかったとしてもGoogleアカウントに保存しておけば、再設定で元通り。

便利な世の中でありますな。

では、スマホ破壊に変わる対策としては
何が有効なのだろうか?
思考実験してみようじゃないか。




感情的になる彼女、カン子ちゃんは
元カノの影がチラつく彼氏チラ男君を
殴って蹴って罵倒して、SONYの防水スマホ、XPERIA Z2を
机の角に叩きつけ、壁にぶち当てて
風呂に沈めました。割れてからの水没だったため、完全破壊に近い状態でした。

翌日チラ男君はドコモショップに行き
修理をお願いしたところ、水没は修理の対象外と言われましたが、
ケータイ保障サービスに入っていたため、5000円で同じ機種と交換する手続きができました。
しばらくして家に保障サービスからスマホが届いたチラ男君は
Googleアカウントの再設定をして
難なく元通りの電話帳を復元しました。
LINEやゲームアプリ等のアカウント引き継ぎも、以前きちんと設定してあったのでほとんど復旧できました。
写真はもちろん、ネットで拾った画像のダウンロードフォルダ等に関しても、DropBox等にマメにバックアップしていたため、むしろ本体に残しておいたどうでもいいデータをリフレッシュできて、やや快適になりました。
そして快適なXPERIAで悠々と元カノに連絡して、
カン子ちゃんとの出来事をユーモアを混じえて報告しましたとさ。

めでたしめでたし。




これで正しいかはわからないが、
概ねこんなところに違いない。
結局カン子ちゃんがチラ男君に与えた携帯電話へのダメージは、
交換にかかった5000円となる。
ただし、チラ男君は標準的なリテラシーのある奴だ。
スマホ初心者ではこうはいかないだろう。
だが、多少知らなくても復元できちゃうのがスマホ。
ドコモクラウドをよくわかんないけど初期設定でオンにしておいたら復元できちゃったなんてことも全然あり得る。
ドコモの人にお願いしてみれば、多少「こうしてみてはどうでしょう?」と、
復元できそうな方法も提案してくるだろう。

これでは、カン子ちゃんは感情的になっている分、
チラ男サイドからしてみたらただのサイコ野郎になってしまう。
損である。

では、カン子ちゃんはどうするのが一番良かったのか?
これは、私が考える事ではなく、このブログをお読みになられているあなた方が考える事である。

なんだそりゃ。


ここでこの記事終わらせちまえと思ってたけど、
私なら
こんな感じでどうでしょうという方法を
提案してみよう。




まず、感情的になります。が、スマホは破壊しません。
破壊すると何もできないので、冷静に電話帳アプリから該当の連絡先のみを削除して下さい。
該当の連絡先が元カノとわからないように小細工してあった場合は、明らかに大事な勤め先の連絡先や家族、親友の連絡先は残して全部消す、等の手段を取るほかないです。
次に、彼氏のグーグルアカウントにアクセスさせます。
多少サイコですが、パスワード忘れの手続きをさせます。
非協力的な彼氏ならば、自らグーグルアカウントにアクセスしてパスワード忘れの手続きを取ってください。
秘密の質問は、愛しあっているのなら大体答えらるでしょう。
ただし、後で訴えられたりしても責任は取れませんので、きちんと揉めて、きちんと仲直りしてください。
個人情報へのアクセスは危険です。
仕事や家族の大事な連絡先があるかもしれません。
ここではパスワードを変えるとか、彼氏が簡単にログインできなくなる程度にしておきましょう。
グーグルアカウント複数持ってたりすると非常に厄介なので注意。
とりあえず、「元カノの影がチラつく」という発生している問題にだけ焦点をあててください。
複数のアカウントに同様の電話帳を同じように登録しているような事はほとんど無いと思いますので、狙いはメインアカウントのみです。
さあ、グーグルアカウントが簡単に引き継げなくなりましたね?では、次です。
ドコモに電話させます。紛失したという手続きを取らせてください。
「スマホは壊さないでおいてやる。まず、電波を止めろ」と言ってください。
スマホが壊れなければ、元カノより大事なゲームアプリのデータも無事です。
大体の男子なら元カノより大事な画像だってあるはずです。
所詮、元カノは元カノ。あなたより優先しませんし、ゲームや画像のほうがやや大事に決まってます。
だって別れてますもの。
電波が止まっても止まらなくても、

一旦SIMカードだけ抜いちゃいましょう。

感情的にぶっ壊されるよりマシなはずです。
家にWi-Fiのルーターがあったら、それも電源から抜いておきましょう。
これでほぼスマホから外部にアクセス出来ないと思われます。
次のステップですが、ケンカする時間帯は夜が多いと思われます。
焦らずに翌日MNPさせてしまいましょう。
キャリアはどこでもいいですが、ドコモのスマホならいっそソフトバンクかauのiPhoneにでもしてしまえと。
※逆にそもそもiPhoneを使っていたならここまでのGoogleアカウントをアップルIDに置き換えて考えてください。
iPhone使ってる場合はAndroidにしてしまうのがいいです。電話帳を簡単に引き継がせないことが目的です。
MNPすればドコモクラウドは使えません。
ただし、ドコモ解約後のドコモID利用については注意が必要です。
引き継ぐとブラウザから旧電話帳の確認ができてしまいます。

これで一応大丈夫だ。
※テキトーです。

一度失った信頼はなかなか元に戻せませんが、人生山あり谷あり、
新たな気持ちでで愛を深めていきましょう。




なんじゃこりゃ。

ついつい乱暴に文字を重ねてしまい

こうなりました。

残念です。
おしまい。

P.S.
私は嫁と何も問題なく平和に暮らしております。

 



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by uranawanaii at 21:31 | Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目ざめよ!否、お前が目ざめろ!!


今日は10時に遅く目覚めて
何をするでもなく
ボサーッとしてたのだが

ピンポーン、と

チャイムが鳴り

出てみると

「あら、お休みでしたか、申し訳ありません」と

上品な淑女がお二人。

「今イスラムの・・・(世界のあちこちで起きている戦争などの悲惨な話)がありまして、、、」

私は長くなりそうだったので「ああ、ものみの塔の、はい。ありがとうございますいただきます。読ませていただきます。」
と、追い返すわけでもなく
スムーズに
スムースに
『目覚めよ!10月号』を受け取った。

mezameyo.gif

受け取ったからには読むことにしている。

の だ が

あまりにつまらなくて
「なんだよ、修行かよ」と思ってしまった。
聖書こそが地獄だな、と本気で考えさせられた。逆効果だ。
宗教差別する気はないけど、訪問しないほうが絶対にいい。
相田みつをの詩集、にんげんだもの
でも読んでたほうが人生成功するよ。
宗教とかそういう事は置いといて、
この二冊置いていく「目ざめよ!」と「ものみの塔」はもうちょっとシンプルにしたほうがいい。
疑問ばかりを投げつけないで(〜なぜですか、〜なぜですか という文言が非常に多く神経を逆なでする)
優しく心に突き刺さるようなパンチラインをくれ!!

お前が目ざめろ!

オンラインではこちらから読めます。

エホバの証人 Wikipeda
エホバの証人ってなあに

私は妖怪好きの多神教、エセ日本神道、そしてマナ的なカプ的なハワイのやつ、
あげくの果てにタロット占い、そしてサトエリ、篠崎愛の信者でもあり
宗教の勧誘の方が来ると
こちらからもついでにいろいろと布教したくなるのだが

エホバの証人の方はだいたいいい人。
ただし職場にいると人間関係的にすごくやりずらい(過去に経験あり)
そんなイメージ。
世界観が違うんだろうな。

優しそうだし、懸命だ。
たぶん、いろんなことがあったんだろう。
否定はしないよ。おばちゃん、続けてくれ。

宗教も思想も本当は無いにこしたことないし、
そのあたりは戦争と同じだな。

こんな話に落としどころは無いので唐突におわり。

  



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by uranawanaii at 16:27 | Comment(0) | 日記・備忘録・覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。